おしゃれで簡単なキャンプ料理BEST3




こんにちは。夫婦でカナダにワーホリ中のなかちる夫婦(@nakachirufufu)です。

キャンプの魅力と言えば、日頃のストレスを忘れて大自然の中でぼーっとできることですよね。

そして、キャンプで食べる料理「キャンプ飯」もキャンプの醍醐味と言えるでしょう。

でも、何を作ろるか決まらないと悩める人たちに、料理嫌いな私も簡単に作ることができた料理を紹介します。

“簡単・美味しい・写真映えする”キャンプ料理ベスト3を勝手にランキング方式で紹介したいと思います。

 

▼キャンプに興味があるけど、何から始めるべきか分からない方はこちらもぜひ!

キャンプ始め方

【キャンプ初心者】健全にキャンプ友達を作るおすすめの方法

2018年11月29日

第3位:作る過程も楽しい、餃子

キャンプ料理・餃子

カセットコンロはイワタニのマーベラスを愛用中。

みんな大好きな餃子。嫌いな人はいないホームパーティーの定番料理。

少し手はかかるけど、具を混ぜて皮で包むだけなので意外と簡単。

用意する食材は、おなじみの餃子の皮とお肉と好みの食材だけです。

餃子のタネは人によってこだわりが違うので、みんなで買い出し中に「キャベツはいれないよ!」「海老を入れるとおいしい!」など、こだわりを垣間見ることができるのも楽しいです。

みんなで共同作業ができるので、初めてましての人や気になるあの子との会話が弾む、なんてことも期待できます。

第2位:肉選びが重要、ハンバーガー

おいしいキャンプ料理・ハンバーガー

小さいけど味は抜群!湖畔キャンプとの相性が抜群です。

こちらもみんな大好きハンバーガー。でも、好きだけど自分で作る機会ってなかなか無いですよね。

家では作らないけど、わざわざ作ってしまうのがキャンプ料理の魅力です。

 

作り方は簡単です。ハンバーガーになりそうな形のパンを選び、食材はお好みでトマト・レタス・お肉・アボカドなどを入れてみましょう。

※特にお肉が重要で、つなぎを使用していないひき肉・かつ成型されているものを選びましょう。美味しさが300%くらい倍増しますよ。

 

つなぎとは、材料と材料を一つにまとめやすくするために使う食材のことで、ハンバーグには、卵やパン粉、小麦粉などが使用されることが多いそうです。塩を使うと、塩が肉のたんぱく質を分解して粘りが出てきて、ジューシーな仕上がりになるそうです。

 

この日はスーパーでハンバーグ形に成型済みのお肉を買って焼いただけなので、捏ねる工程を省いて絶品のハンバーガーを作ることに成功しました。

湖畔キャンプの絶景の景色と相まって、最高の思い出となりました。

第1位:写真映えで美味しい、パエリア

キャンプ料理・パエリア

彩りも美しく、食欲がそそられます。

色鮮やかで、写真映え抜群なのがパエリアです。

作り方は家で作るのと同様に、パエリアの素と好みの魚介類を投入するだけ。

仕上げにレモンやオリーブを載せてみたりすると一気にお洒落さが増します。

難しそうに見えますが、実はとても簡単に作ることができます。

まとめ

外でご飯を食べるだけで、料理の美味しさは120%増し。

簡単で美味しく、写真映えする料理を3つ紹介しました。

ぜひ、次回のキャンプで試してみて下さい。

 

ちなみに、キャンプ飯をつくるならカセットコンロがおすすめです。

わざわざ火起こしをしなくても、ボンベを装着するだけで手間いらず。後片付けも簡単です。

[amazonjs asin=”B01M1YEOUK” locale=”JP” title=”イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2″]