名古屋で結婚指輪を手作りしてきた【ついぶ名古屋工房】




こんにちは。夫婦でカナダにワーホリ中のなかちる夫婦(@nakachirufufu)です。

 

「名古屋で結婚指輪を作れる場所を探している。実際の感想を知りたい。」

 

と思っている方に向けて、私たち夫婦が利用した「ついぶ名古屋工房」での指輪づくりの工程と感想を紹介します。

 

お店で売っている指輪も素敵だけど、どうせなら自分たちで作りたいと思い、手作りすることに決めましたが、自作することによって思い入れのある指輪になりました。

かりん
ついぶ名古屋工房」では、結婚指輪だけではなく、ファッションリングも作れるので、女の子同士で作りに来る方も多いそうです。

完成イメージを考える

完成イメージを考える

まずはじめに完成イメージを考えます。

サンプルを見せてくれるので、使う素材やサイズや装飾などを考えます。

結婚指輪の素材は、

  • ゴールド
  • ピンクゴールド
  • プラチナ

の3種類から選びます。

永遠に着けるものなので、耐食性に強いゴールドやプラチナから選ぶことになりますが、ファッションリングの場合はもっと廉価な材料で作れたりもします。

 

装飾については、ダイヤや溝加工、ショット(表面をすりガラスのように仕上げること)などから選ぶことができます。

 

リングゲージ

指のサイズが分からなくても、リングゲージでサイズを測ることができます。

 

溶接して輪をつくる

完成イメージが決まったら、さっそく指輪づくりに取り掛かります。

 

指輪の素材

最初に受け取る素材は、このような小さい棒です。

 

バーナーであぶる

加工しやすくするために、まずは赤くなるくらいガンガンにバーナーで炙っていきます。

炙り終わったらすぐに水で冷やします。

こうすることによって大概の金属は柔らかくなり、加工しやすくなります。

 

ペンチでわっかを作る

冷やした棒をペンチで輪っかにしていき、端面と端面が重なったら、再びバーナーゾーンで端面同士を引っ付けます。

 

そうして出来上がったのがこちらです。

溶接後の指輪

まだこの段階ではおにぎりのような形です。

 

輪を円に

先ほどのおにぎりのような輪っかを、鉄の棒に通して、ハンマーで叩いて輪っかにしていきます。

 

わっかの形を整える

ハンマーで叩くと、壊れてしまうのでは?と思ってしまいますが、大丈夫です。

無心になってハンマーで叩き続けると、きれいな円になっていきます。

 

ハンマーでたたかれた指輪

ハンマーで叩かれた指輪は、無事きれいなリングになりました!

ひたすら磨く

形になったらバリ取りを行い、最も時間のかかる磨きの工程へうつります。

やすりで磨く

荒いペーパーなどでこすり、少しずつ目を細かくしていき、研磨クリームと布でピカピカになるまで磨きます。

磨きの作業は結構大変ですが、一生モノと思うと手が抜けず、時間も忘れてひたすら磨いていました。

 

そして出来上がったものがこちらです。

完成した指輪

一番初めの細長い棒が、見事に指輪に姿を変えました。

 

装飾はお店の方に

自分たちが関わるのはここまでです。

安全面や職人の技が必要なものもあるので、装飾も含めてお店の方にお任せして、1~2週間後に受け取ることができます。

郵送もできるので、遠方の方でも再訪する必要もありません。

余談

完全に余談ですが、名古屋ついぶ工房のスタッフの方々は芸術・造形系の学校を卒業されているかたがほとんどです。

今回指輪づくりを手伝っていただいたスタッフの方もそういった類の学校を卒業されていたのですが、その方は卒業制作で「火縄銃」を作ったそうです。

南蛮の国の使徒が、上陸したときの種子島の方々の気持ちがなんとなく理解できました。

(火縄銃作成経験のある方ですが、めちゃくちゃ丁寧で優しい方でした!)

まとめ

恋人だけでなく友達とでも気軽に行ける場所なので、皆さんもぜひ、オンリーワンの指輪を作ってみましょう!

思い入れのある指輪が出来ることは、必ず保証します。

そして、火縄銃のスタッフの方に合えるチャンスもあります。

気になる方は、「ついぶ名古屋工房」まで

かりん
名古屋だけでなく東京京都埼玉にもあるので、関東や関西在住の方にもおすすめです!

 

店舗情報

  • 営業時間:10:00~18:00(不定休)
  • 住所:〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1丁目21番18号
  • 料金表はコチラ

 

神前式/家族婚

【神前式で家族婚】費用の詳細と自己負担額を大公開

2019年6月13日
結婚式

「結婚なんてメリット無い」と考えているあなたに伝えたい結婚とは何かということ

2019年6月11日