カナダワーホリにおすすめのCIBCで口座開設をする方法

CIBCでの口座開設方法




こんにちは。夫婦でカナダにワーホリ中のなかちる夫婦(@nakachirufufu)です。

カナダワーホリで必ず必要になるのが、銀行口座。

「どこの銀行口座を作るべきか分からない」

「CIBCがおすすめって聞いたけど実際どうなの?」

そんな疑問に答えます。

私たちは、CIBCという銀行で口座を開設したので、CIBCの特徴や口座開設の流れを詳しく紹介します。

カナダの銀行について

日本に3大メガバンクがあるように、カナダにも5大メガバンクがあります。

カナダ5大銀行
  • BMO(Bank of Montreal)
  • RBC(Royal Bank of Canada)
  • CIBC(Canadian Imperial Bank Of Commerce)
  • Scotia Bank
  • TD Canada Trust

口座開設前に、ご自分の住む予定のエリアに支店があるかを確認しましょう。

バンフ・キャンモアエリアで支店があるのはBMOとCIBCのみなので、移動予定の人は注意が必要です。

口座維持費がかかるか注意

カナダの銀行口座は、日本と違い、口座維持費というものがかかります。

毎月20~30ドルかかるのですが、「初年度は無料」としている銀行もあります。

ただし口座維持費が無料になるためには、各種条件が設けられていることがあるので、事前に確認しましょう。

銀行口座の種類

カナダの銀行口座には2種類あります。

  • Checking account=普通預金口座。日常使いはこちら。
  • Saving account=当座預金口座。貯蓄をする人向け。

カナダではデビットカードの利用がメジャーなので、デビットカードの引き落としはChecking accountを使用します。

また、カナダの給与は小切手で振り込まれることが多いのですが、小切手の引き出しができるのもChecking accountのみです。

よって、ワーホリの人はChecking accountを開設すれば事足ります。

移住が見えてきて、貯蓄を検討するようになったらSaving accountを開設すれば良いでしょう。

CIBCがオススメな理由

私たちがCIBCを選んだ理由は、以下の5つ。

  • 郊外にも支店がある
  • Foreign worker向けのプランがある
  • 一年間口座維持費が無料
  • ATM数が多い
  • 一年間無料でクレジットカードが作れる

カナダワーホリ経験者の友人たちにもおすすめされていたのもありますが、改めて調べてみてサービスが充実していると感じたので、CIBCを選びました。

銀行口座開設の流れ

ここからは、CIBCで口座開設をするまでの流れを紹介します。

オンラインで口座開設の予約をする

日本ほど顧客対応レベルの高い国はないと言われていますが、シェアハウスでお世話になっている方にも「カナダの銀行員の対応は酷いから、予約をしていった方がいい」と言われたので、きちんと対応してもらうためにオンラインで予約をしました。

まず、トップページの左上のBank Accounts>Foreign Workersを選択します。

CIBCで口座開設①

赤いボタンのMeet with usを選択します。

CIBCで口座開設②

Book a meetingから、1.2.3を選択し、Continueボタンを押します。

CIBCで口座開設③ CIBCで口座開設④

支店を検索し、希望の支店を選択します。

CIBCで口座開設⑦

日時を選択します。

CIBCで口座開設⑧

個人情報を入力すれば予約完了です。

CIBCで口座開設⑨

前日に、リマインドの電話がかかってきます。

当日持参する持ち物

銀行口座開設に必要なものは、以下の3つです。

  • パスポート
  • ワークパーミッド
  • SINナンバー

口座開設当日の流れ

窓口で口座開設に来たことを伝える

日本と同様に、窓口にスタッフがいるので、口座開設に来たことを伝えましょう。

もし混んでいたとしても、時間になれば担当者が迎えてくれるはずなので、焦らなくて大丈夫です。

個室へ案内される

私たちの場合は、2人のスタッフが迎えてくれました。握手を交わした後、窓口の向かいにある個室へ案内されます。

予約の時点でForeign Worker用の口座開設をしたい旨は伝わっているはずですが、改めて「ワーホリで1年間だけ滞在する旨」を伝えましょう。

スタッフによっては把握していない場合もあるようですが、ワーホリビザを見せるので大丈夫だと思います。

口座開設の説明を受ける

全て英語ではありますが、口座の種類などを説明されます。

私たちは、Checking accountのみを開設することにしました。

デビットカード兼クレジットカードの説明も受けます。

パスポート等書類を渡す

銀行側が個人情報を控えておけるようにワークパーミットとパスポートを渡します。

渡せばスタッフがコピーしてくれるので、事前にコピーして持参する必要はありません。

オンライン書類に電子サインを書く

パスポートなどを渡すと、パスワードの設定など以外は、スタッフが口座情報を登録してくれるので、サインをして終了です。

途中電話番号を聞かれることがあるので、電話番号も伝えましょう。

じーけん

電話番号はプリペイドSIMなどの一時的な番号でも問題ありません!

日本でもあるような契約書もすべてオンライン上で処理するので、各規約の同意の署名も電子画面で行います。

サインが一通り終わればバンクアカウントの開設は終了です。

アプリの登録を行う

終わったら、アプリの登録を行います。

スタッフがアプリのインストールを促してくるので、抵抗せずにインストールに進みましょう。

ちなみにアプリでは

  • 小切手の入金
  • 各種支払い
  • 定期預金の入出金

等が行えるので、インストールしない手はありません。

インストール時にSMSもしくは電話の自動音声にて本人確認が必要なのです。

Wifiを利用した電話サービス「Talkatone」等でも登録が可能ですが、SMSでの登録はできないので、自動音声での確認を選択するようにしましょう。

【無料】カナダワーホリ中の電話番号をゲットできるアプリ

2020年3月6日

クレジットカードを選ぶ

CIBCのバンクアカウントを開設した時点でデビットカードを受け取れますが、CIBCではさらに無料でクレジットを発行することができます。

クレジットカードは2種類あり、

  • トラベルカード
  • キャッシュバックカード

トラベルカードの場合は、空港のラウンジサービスや旅行保険を利用できます。

キャッシュバックカードの場合は、日用品などの普段の買い物で4%のキャッシュバックを受けることがあります。

どちらも年会費は初年度無料なので、ワーホリの一年の期間は無料で利用することが出来ます。

じーけん
クレジットカードは5営業日ほどで支店に届けられるので、後日連絡が来たら受け取りに行きましょう。

登録の確認

最後にデビットカードが手渡され、支店にあるATMにて登録の確認を行います。

登録した暗証番号でATMが使えれば、確認は終了です。

紙の契約書をもらえばすべての手続きも終わり。お疲れ様です。

紙の契約書は、居住証明として保険の契約や携帯の手続きに必要になるので、大切に保管しておきましょう。

まとめ

今回はCIBCの口座開設の流れを紹介しました。

記事内でも書いている通り、口座開設をすれば住所証明もできるようになるので、早めに開設することをおすすめします。

次は、住所証明が必要な州保険の申請も行いましょう!

【カナダワーホリ】アルバータ州健康保険の申請方法や必要書類について

2020年2月28日