カナダで-20℃を乗り切った私のおすすめ防寒グッズ

カナダの防寒対策




こんにちは。夫婦でカナダにワーホリ中のなかちる夫婦(@nakachirufufu)です。

 

カナダでワーホリする方の不安のひとつが、防寒対策だと思います。

カナダの冬は、都市部でも-40℃になることもあります。

 

日本では経験しない寒さをどう乗り切ったらいいか、想像もできないですよね。

 

「防寒対策をどうしたらいいか分からない」

「日本から持って行くべき物、現地で買うべき物を知りたい」

 

そんな悩みを抱える皆さまへ、カナダの冬を乗り切る防寒対策について紹介します。

 

この記事で分かること
  • 主要3都市の平均気温
  • 日本で用意するべき防寒グッズ
  • 現地調達すべき防寒グッズ

 

カナダ主要都市の気候

面積の広いカナダでは都市によって気温が全然違います。

 

ワーホリの主要3都市の平均気温の比較と、各都市の気候の特徴について紹介します。

バンクーバー

バンクーバー平均気温

年間の平均最高気温は14℃、平均最低気温は7℃。

冬でもマイナスを下回ることは少ないので、寒さが苦手な方はバンクーバーがおすすめです。

冬のバンクーバーは雨季にあたるため、日照時間が短いことも知っておきましょう。

トロント

トロント平均気温

年間の平均最高気温は13℃、平均最低気温は6℃。

夏は蒸し暑い日も多く、冬は降雪量が多い日も多いことが特徴です。

年間を通した寒暖差は、カナダ主要都市の中でも一番大きいのではないでしょうか。

カルガリー

カルガリー平均気温

年間の平均最高気温は10℃、平均最低気温は-3℃。

最低気温が-20℃まで表記されており、冬の厳しい寒さを表しています。

冬の降雪量も多いですが、晴れの日が多いせいか気温ほど寒いとは感じません。

\カルガリーの魅力をまとめました/

カルガリーがワーホリでおすすめな12の理由

カルガリーがワーホリにオススメな12の理由

2020年3月3日
かりん
寒いのが苦手な人は、バンクーバー一択ですね。

引用:Climate and Average Weather in Canada

 

日本で用意するべき防寒グッズ

まずは、日本で用意しておくべき防寒グッズはこちら。

  • インナーウエア
  • タートルネックセーター
  • 手袋
  • 厚手の靴下
  • 5本指つま先カバー
  • ルームソックスやスリッパ

現地調達もできますが、サイズや品質も分からないまま購入するのは不安です。

日本にいる間に、着慣れたものを用意するのがおすすめです。

インナーウエア

寒さ対策には、薄手のものを重ね着して、空気の層を作ることが有効と言われています。

ヒートテックやくるぶし丈のスパッツは必ず用意しておきましょう。

カナダの室内はとても暖かく、半袖でも過ごす人もいるくらいなので、ノーマルなヒートテックで十分です。

かりん
極暖だと暑いと感じると思います!

下半身の服装については、ジーンズの下にスパッツを履いていました。

それでも肌寒く感じたので、寒がりな方はコーデュロイ生地のズボンなどを用意するといいでしょう。

タートルネックセーター

首が冷えると寒く感じるので、タートルネックセーターがおすすめです。

タイトな生地だとジャケットを着てもかさばらないのでおすすめです。

手袋

日本の冬に街中で使う用の手袋だと、カナダでは寒さをカバーしきれない可能性があります。

カナダの冬を乗り切るためには、スノボ用やアウトドア用の手袋が重宝します。

メンズ・レディースのスノボ用品が人気なBURTON(バートン)の手袋がおすすめです。

スノボ用ですが、分厚くないので日常づかいにもぴったり。

Sサイズはユニセックスなので、女性の方も使えますよ。


厚手の靴下

足元が冷えると全身寒く感じるので、靴下選びは重要です。

スキー用まではいかなくても、ある程度の暖かい靴下はあると安心です。

私はノーマルな靴下しか持って行かなかったため、2枚重ねをして乗り切っていました。

5本指つま先カバー

冬の足元の蒸れ対策には、5本指のつま先カバーが欠かせません。

蒸れて水虫になってしまった…なんてことの無いように、予防しておきましょう。


ルームソックスやスリッパ

カナダの冬はとても寒く、外に出かける気になれないので、部屋で過ごすことが多くなります。

その際に、足元を暖かく保ってくれるルームソックスがあるとよかったなと思いました。

300円ショップなどでも売っていると思うので、用意しておきましょう。

 

現地で購入すべき防寒グッズ

ダウンジャケット

カナダには、ダウンジャケットの種類がとても豊富です。

防寒温度も-30℃~-40℃まで対応している商品もあるので、カナダに来てからじっくり選ぶことをおすすめします。

かりん
TNAやアウトドアショップMECでの購入がおすすめです。

TNA

TNA

引用:flicker

TNAはカナダの若い女性たちに人気のレディースブランドです。

防寒温度別にたくさんの種類があり、値段もお手頃書価格。

有名なカナダグースは1,000ドル前後ですが、TNAのジャケットは平均300ドル前後です。

一番暖かいものだと、-40℃まで対応まで取り扱いがあります。

カラーだけではなくダウン丈の長さも種類が豊富なので、ぴったりの一枚を見つけることができると思います。

アウトドアショップMEC

MECカルガリー店 MECのダウンジャケット

カナダのオリジナルアウトドアブランド「MEC」もおすすめです。

MECはカナダ国内に22店舗あり、MECオリジナルブランドは手頃な価格で高性能な商品が販売されています。

オリジナルブランドだけではなく、パタゴニアやノースフェイスなど有名ブランドの取り扱いもあります。

バンクーバー・トロント・カルガリーにもあるので、ぜひ行ってみて下さい。

 

不要な防寒グッズ

カルガリーの冬を過ごしてみて、要らないなと感じた防寒グッズはこちら。

  • マフラー
  • 耳当て
  • 帽子

ダウンジャケットは首元はもちろん、口まで隠れるように作られているので、マフラーを巻くとチャックが閉じなくなってしまいます。

また、寒い時はダウンジャケットのフードを被っている人が多いので、耳当てや帽子は邪魔になってしまうと思います。

帽子や耳当てはあるに越したことはないですが、私は持ってこなくても冬を乗り切ることができました。

かりん
必ずしも必要というわけではないと思います。

まとめ

カナダの渡航予定の都市によって気候が異なるので、平均気温をチェックして防寒対策をするようにしてください。

郷に入っては郷に従えと言いますが、カナダの寒さに対応するためには、ダウンジャケットは現地で購入するのをおすすめします。

\カナダまで直行便の出ている空港一覧を知りたい方はこちら/

日本から直行便のあるカナダの都市一覧

2020年3月7日