富士登山は日帰り可能?ルートごとの距離などを調べてみた。




高さ3,776mを誇る日本で最も高い山といえば富士山。

 

日本人なら誰でも知ってますよね。

世界遺産に登録されて、毎年シーズンになると世界中の登山者がこの山に押し寄せてきます。

 

とはいえ日本一の山である富士山は想像以上に過酷。

もちろん日帰りでの登山は可能ですが、日帰りで行こうとすると10時間程度はかかるので、あまりお勧めはしません。

 

富士山ルート一覧

参照元:富士さんぽ

また、ルートによってそれぞれ特色や高山病のリスクもあるので、日帰りで行く際は十分に気を付けてください。

今回はそんな富士山にある4つのルートの紹介と、それぞれのルートの所要時間について紹介していきたいと思います。

 

忙しい人のためのまとめ

 

この記事のまとめ
  • 日帰りは可能。しかしオススメはしない。
  • 初心者はとりあえず吉田ルート
  • 時間があるなら御殿場ルート
  • 時間がないなら須走か富士宮ルート
  • 消費カロリーは6000kcal程度

 

1.吉田ルート

吉田ルート

参照元:4travel

まずは吉田ルートです。

富士山の登山道の中で最も有名なルートで、登山者のうちの6割がこのルートで登頂するといわれています。

 

登山口は富士スバルラインの5合目にあり、バスなども出ているので、アクセスもかなりしやすい場所です。

最もポピュラーなルートなので、山小屋や救護所も他のルートに比べて多いため、初心者にとっておすすめのルートです。

 

しかし利用者が多いためにトイレが混んだり、バスの下車が遅れたり、先を行く人の小石が降ってくること可能性もあるので、十分に注意して登頂に臨みましょう!

 

 

 

吉田ルート情報
  • 標高差:1,450m程度
  • 往復の距離:14km程度
  • スタート地点:富士スバルライン5合目

 

 

2.須走ルート

須走ルート

参照元:じゃらん

続いてのルートは須走ルートです。

4つの登山ルートの中で2番目に標高差のあるルートであまりこのルートを使って登頂する人がいません。

その数は登山者全体の1割ともいわれています。

標高差はありますが、距離も4ルートのうち2番目に短いので、お盆や週末などの人が多いときにもおすすめのルートです。

 

ただし、8合目からは先ほど紹介した吉田ルートと合流するため注意しましょう。

 

 

また、途中までは緑が多いルートなので高山植物を見ながらの登山もできます。

下山時には砂走を楽しむことが出来るので、抑えておきたいルートですね。

 

須走ルート情報
  • 標高差:1,800m程度
  • 往復の距離:13km程度
  • スタート地点:須走口5合目

3.御殿場ルート

御殿場ルート

参照元:御殿場市

続いては御殿場ルートです。

このルートは4つのルートの中で最も標高差があり、距離も長いルートです。

それ故に全体の6%程度しかこの御殿場ルートを利用しないので、ゆっくりと登山したい人にとっては最適なルートです。

そのうえのぼりで砂走を楽しむこともできるので、壮大な富士山を感じながら登山したい人にとってはおすすめです。

 

また、時間を掛けて登るため、高山病のリスクも低いのもこの御殿場ルートの魅力です。

長いコースになるので、行動食や水の準備は怠らないようにしましょう。

 

 

御殿場ルート情報
  • 標高差:2,300m程度
  • 往復の距離:17.5km程度
  • スタート地点:御殿場口新5合目

 

4.富士宮ルート

富士宮ルート

参照元:FUJIYAMA NAVI

最後は富士宮ルートです。

吉田ルートの次に人気のこのルートは、富士山の4ルートの中で最も距離が短いルートです。

 

急激に高度が上がるので、高山病には十分に注意しましょう。

 

また、登山と下山が同じ道のため、道に迷う心配もありません。

しかし、混雑時はかえって混雑を招くこともあるので、昇時期を考慮してルートの選択をしましょう。

天気が良ければ駿河湾を一望することが出来るので、とても気持ちのいい登山を体験することが出来ます!

 

 

御殿場ルート情報
  • 標高差:1,350m程度
  • 往復の距離:8.5km程度
  • スタート地点:富士宮口5合目

 

おまけ:富士登山の消費カロリー

ちなみに富士登山の消費カロリーは、体重や性別などによって様々ですが、」

  • 体重50kg
  • 20代女性
  • 10kgの手荷物
  • 登山時間10時間
  • 標準体型

の場合、5800kcalと呼ばれています。

 

成人男性の1日の摂取カロリーが2500kcalというのを考えると、かなりの消費カロリーですよね!

ただし、「カロリーが消費できるからダイエットになる」という考え方は危険で、必ず自分の消費カロリーに見合った行動食を準備しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

世界遺産である富士山。

この夏に友人などと一緒に登山してみてはいかがですか?

山小屋に泊まれば、満点の星空とご来光を楽しむことが出来るので、一生の思い出になること間違いなしです。

それではよい富士登山を!